消費者金融用語

消費者金融の用語について

 

無担保ローン

連帯保証人や保証人を不要とする融資のこと。
本人の信用のみで融資を行います。
現在のキャッシング、カードローンなどはほとんどが無担保ローンとなっています。

 

カードローン・キャッシング

事前に決められている限度額内で借入、返済を繰り返せるサービスです。

 

リボ払い

リボルビング払いの略称です。
事前に定められた限度額内であれば自由に貸し借りができ、設定した一定金額を毎月返済していきます。
現在の主流は残高スライド元利定額リボルビング方式というリボルビング払い(リボ払いの一種)となっています。

 

元金

利息を含まない借入れ額のことです。

 

利用限度額

借入可能なお金の上限のことです。
審査の際に決定されますが、取引を続けて信用が上がると増額されることもあります。

 

上限金利

法律で定められている金利の上限のことです。
現在の上限金利は、100万円未満は年間18%、100万円以上は15%となっています。

 

おまとめローン(一本化)

複数の金融機関から行っていた借入れを1社にまとめて一本化することを言います。
それにより煩わしさはもちろん、毎月の返済額、トータルの返済額の減少が見込めます。

 

銀行系キャッシング

銀行が行っているキャッシングサービスのことです。
近年では、多くの銀行がキャッシングサービスを取り扱っています。

 

個人信用情報機関

個人の信用情報を審査などの目的で収集、保管し金融機関などへ照会している機関のことを言います。
支払能力の低い方などへの過剰な融資を防ぐ役割を果たしています。